弥生時代&釜蓋遺跡ミニ情報

ぬなかわ姫のクニ

monogatari_1

おいらが生まれたのは、まだ日本が百余国のクニに分かれていた頃。

この頃は、今の地名で糸魚川(いといがわ)というところに「ぬなかわ姫」という翡翠(ひすい)の飾りを身にまとった美しいお姫さまが住んでいたんだ。

おいらは、釜蓋(かまぶた)遺跡のある上越地方を「ぬなかわ姫のクニ」と呼んでいたよ。

※注:これはかまぶたくん目線のストーリーです。

ミニ情報

◎釜蓋遺跡(弥生時代後期~古墳時代初め)と1.5km離れたところに「吹上(ふきあげ)遺跡:弥生時代中期~古墳時代前期」「斐太(ひだ)遺跡:弥生時代後期~終末期」があり、3つの遺跡を合わせて斐太遺跡群と呼び、国指定史跡に指定されています。

参考資料:上越市市役所HP / 釜蓋遺跡ガイダンス パンフレット / 少年少女日本歴史全集 第一巻「国づくりの英雄」昭和36年発行 集英社

このページは書きかけです。もっといろんな知識を得たら情報を追加(または修正)していきます。